紫外線対策で気をつけるべきポイント

日傘は「1級遮光」を選ぶ

日傘の準備はできていますか?せっかく日傘をさしていても、紫外線カット力が弱いものでは、「うっかり日焼け」をしてしまいます。

日傘は「遮光」マークがついているものを選びましょう。

このマークは遮光率が99%以上の生地を使用したものにつけられています。

なかでも、「1級遮光」と記しである傘は、遮光率99.99%以上の生地を使用したものに限られるため、安心して使うことができます。

紫外線対策には欠かせない日傘ですから、外出用のバッグに入れておく折りたたみ傘、外出時聞が長いときに使う長傘の最低2種類は用意しておきたいものです。

余裕があれば、会社にもう1本、車を使う人は車内にもう1本あっても良いでしょう。

遮熱マークにも注目

日傘の中には「遮熱・遮光」マークがついているものがあります。

これは、遮熱指数の試験を実施した結果、高い遮熱指数をクリアした生地にのみつけられているマーク(白木洋傘振興協議会により制定)。

実際にこのマークがついている日傘に入ると、涼しさを感じます。

夏の外出には頼れる味方になります。

アウトドアスポーツでの紫外線対策

この時期、ランニング、ゴルフ、テニス、登山などアウトドアでのスポーツを楽しむときは、まずは衣服で紫外線をカット。

uvカット効果があり、汗を吸収して蒸散するような機能性ウェアの長袖を着ることをおすすめします。

可能であれば手袋、帽子も使用。

サングラスは必需品。

目から入る紫外線は、目の病気の原因となるだけでなく、全身のメラニン活性を高めてしまうからです。

uvカット効果があり、顔のカーブにあったスポーツタイプを選びましょう。

そして、日焼け止めは、衣服を着る前に露出する部分に塗ります。

ランニングのように汗をたっぷりかくスポーツのときは、日焼け止めが落ちやすいので、1~2時間置きに塗り直すのが理想的。

ゴルフでコースを回るなら、ハーフを回ったあと塗り直します。

衣服でのカバーや日焼け止めの塗り直しが難しいときは、飲む日焼け止めヘリオケアを使うのもよいでしょう。