肌に刺激を与えないための汗の拭き方や汗の知識

汗を拭くときは「スタンプ式」

ハンカチやタオルで汗を拭くとき、ゴシゴシとこすっていませんか?

自分では軽く拭き取っているつもりでも、肌をこする行為は角層に負担を与えます。

続けていると肌バリアが壊れ、カサつきや炎症を起こす可能性があります。

また、防御反応として角層が厚くなり、ニキビや肌のごわつきが生じることも。

そこで、汗を拭くときは、ハンカチやタオルで肌にスタンプを押すようなイメージで汗を吸収させます。

顔だけでなくボディもスタンプ式で。

また、使うハンカチやタオルは吸水性が悪いとこすりたくなるので、汗をよく吸うガーゼ素材がおすすめです。

汗をなんとかしたい!

まず「汗はかいてしまうもの」と受け止めましょう。

体温調整をするために、また緊張や興奮など精神的な影響で、誰もが汗をかきます。

「汗をかく量が人よりも多い気がする」という人がいます。

気にしすぎるとよけいにかいてしまうのが汗。

汗対策をしっかりとしたうえで、汗を気にせずに過ごしてみましょう。

それでも生活に支障があるほど汗をかくようなら、多汗症の可能性があるので皮膚科で相談を。

汗のにおいをなんとかしたい人も、まずは汗対策を。

それでも気になるときは、わきがや自臭症の可能性もあるので皮膚科で相談しましょう。

サラサラ汗とじっとり汗

汗には2種類あります。

エクリン汗とアポクリン汗です。

エクリン汗は、99%が水分の比較的サラサラとした汗です。

暑いときに体温調整のために出る汗は、おもにエクリン汗のため、サラサラとしています。

かたやアポクリン汗は、脂肪酸などを含む、比較的じっとりした汗です。

興奮や緊張したときは、エクリン汗とアポクリン汗が混ざるため、胸がドキドキするシーンで手にかく汗はじっとりとしています。

アポクリン汗はもともと無臭ですが、常在菌に分解されてにおいを放つようになるのも特徴です。

エクリン汗腺の特徴

全身に分布。

暑いとき汗を出し、気化熱で体温を調整。

また、情緒刺激(とくに精神的な緊張)で額、手のひら、足の裏、わきの下に発汗する。

ここから出る汗の99%が水分。

ミネラル(ナトリウムなど)、保湿成分(尿素などにさまざまな汗腺防御成分を含む。

アポクリン汗腺の特徴

わきの下、乳首、陰部付近など体毛のある部位に分布。

情緒刺激(興奮や緊張など)で発汗。

ここから出る汗は脂肪酸などを含み、粘調性。